Link to blog site

anttech.jp

website for science of ants

アンテック

KAJITSUKEN

飼育器一覧

「ミニアンテシェルフ」

小型のアンテシェルフ 大気圧式給餌器を使用します

「17段アンテシェルフ」

生活室専用の約47.2cm平方の広さを持つアンテシェルフです 活動室と組み合わせて使います

「アンテグラウンドⅢ」

底面積が1449.36平方センチメートル(59.4cm×24.4cm)の広さを持つアクリル製の大型の活動室です 水槽などを入れることができます 人工巣とシリコンチューブで繋いで使います

システム飼育器 シリーズ

他の飼育器と組み合わせることで、簡単に飼育スペースが拡張できます 単体では最もコンパクトです

「アンテネスト」
土を使っていますので、巣穴作りが観察できます

「アンテメゾン」(販売終了)

単層を積み上げることができます 1層で最大10家族が飼育でき、多数のコロニーを飼うことができるので、研究などの利用に適しています 餌場は水洗式になっていて、また水を切らす心配がありません

コンクリート製人工巣(販売終了)

コンクリートはアリの生活にはとても馴染みやすい素材です

フォトフレーム型人工巣(販売終了)

インテリアとしてのデザイン性に優れています 上部の餌場は、周りに水を張るようになっていて、蓋を開けてもアリが逃げ出しにくくなっています